懐かしい「ママのケーキ」

息子たちが大学生だった頃に、「おふくろの味はなあに?」と聞きましたら、二人とも「ママのケーキ…」と言います。

「おふくろの味」って言えば、きんぴらごぼうだったり、肉じゃがだったり、大体はお惣菜が上がると思っていましたので意外でした。

ホットケーキミックスを使って、ただ混ぜて焼くだけの簡単なおやつでしたが、周りはカリカリに焼いてクッキーのような食感、中はふわふわのカステラ状…というのが二人のリクエストでした。


小学生の時の夏休みなど、「ママのケーキ、焼こうかしら~」と声をかけると、二人ともお台所に飛んできて私のそばに張り付きます。

泡立て器で混ぜて、混ぜて・・・は長男の役目。
次男はそばで見ていて、時にはまだ生の種に指を入れてぺろりとやって「おいしいよ」と言う役目。フフフ…

焼けてきて、バニラの良い香りがする頃にはテーブルにお皿を並べてスタンバイ。
楽しかった思い出です。

何でもないリングケーキですが、子供たちはいつしか「ママのケーキ」と呼び、大学生になっても、結婚して家を出た今でも、このケーキを「ママのケーキ」と呼びます。



画像
久しぶりに「ママのケーキ」を焼いてみました。

基本の量は、ホットケーキミックス200g、バター、卵、牛乳、砂糖がそれぞれ100gと分かりやすい分量です。

今回はカロリーを抑えるためにバター、砂糖をそれぞれ80g、牛乳をプレーンヨーグルト130gに変えました。
鉄分と繊維質が豊富なレーズンも加えました。

歯の弱い主人用に周りはカリカリにしないで、少し色が付く程度のやわらか仕上げです。


画像
このリング状の型はもう30年近く使っています。

型の側面が蝶つがいのようになっていて簡単に外せるので、焼き上がったケーキを逆さにしてお皿にあける時にとても便利です。

今はもっと良いものが売られているでしょうけれど、私はこの使い勝手が好きなのです。


画像
今回使ったレーズンは大粒のやわらかなものでした。

主人が「なんだい、これは。まるで小さなプルーンみたいだねぇ」と言うほどの大粒でした。

これが大失敗。
重みでみんな下の方に沈んでしまって、焼きあがってお皿にあけましたら、あらら、上はレーズンだらけ。

ケーキに混ぜるのは小粒の方が良いようです。





              


追加です。

予熱の温度や焼く時間のご質問がありましたので、私の覚え書きとしてCOOKPADに載せましたのをご紹介します。
あまりに簡単で恥ずかしいのですが、よろしかったらこちらをご覧ください。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年03月31日 17:12
きっとママのケーキは甘い香りがいっぱいだったのでしょうね。いい思い出です。

2009年03月31日 17:55
こんにちは~。
お休みはケーキ作り。ママの代表の鏡みたいな方ですねぇ。
とても美味しそうです!息子さん達は幸せですね。
その型と同じような物を私の母も使ってましたけど、ガス台にのせて焼くものでしたが思いがけず懐かしい思いに浸りましたよ。その後姉がお嫁に行く時持って行きましたが、作っているのを聞いた事ありません(笑)
ホットケーキで作れるんですね。私もやってみます。何でもトライトライ!!
2009年03月31日 19:35
ママのケーキを.召し上がった息子
さん方幸せですね。
ほのぼの家族が目に見えるようです。
このリング型は早く焼けて、具合が
よかった様な気がします。
今は物置です。
上の方のコメント盗み読みしました。
終戦直後ガス台に載せて焼くイモノ
の鍋が流行ったのですよね。
ざらめのついたカステラ懐かしく思い
出しました。
うふふ
2009年03月31日 22:27
森の生活さんへ♪
こんな物でも子供たちの記憶に残っているかと思うとうれしくなります。
今日久しぶりに焼いて、いろいろなことが思い出されて懐かしくなりました。
あの頃、部屋に漂っていた香りまで思い出しましたよ~♪
うふふ
2009年03月31日 22:36
mu.choroさんへ♪
今日は何故か息子たちが小さかった頃のことが思い出されるのです。
昨日は次男と、さっきは長男の家族と電話で話したばかりなのに…。
ガス台にのせて焼くリング状のお鍋って、もしかして「たみさんのお鍋」っていうのじゃないですか。
パンが焼ける…というキャッチフレーズで今も通販で売っていますね。
これは簡単ケーキですので、ぜひお試しあれ~☆
うふふ
2009年03月31日 22:44
ハッピーさんへ♪
そうです、そうです。この型は早く焼けますよねぇ。
次男のお嫁ちゃんに教えた時は型がリングではなかったので、「そんなに早く焼けないんですよぉ~。どうしてでしょうね」と電話がきました。
鋳物のお鍋は「たみさんのお鍋」ですか。
通販で売っていますが…。
東北のおばあさんが考えたようですね。
2009年04月01日 08:29
ママのケーキ、おふくろの味ですね。
我家も娘3人、おふくろの味はおばんざいではなく
かぼちゃのケーキ(パンプキンパイ)とポテトグラタン・シフォンケーキなんです。
いろいろお上手につくられるのですね。
ゆっくり見させてください。
2009年04月01日 10:20
ママのケーキってネーミングが
私はとっても好きですよ~♪
型って今は色んな材質があって
便利に出来てるけど、どんな物
より、自分の使い込んだものが
一番ですよ。材質により熱の通り
も違うし、出来加減も多少違う
と思います。
長い間大事にしていた型が一番!
私はパウンド型でこのママの
ケーキ作ってみようかな(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ
すごく美味しそうですよ~
2009年04月01日 12:55
いつもながら美味しそうですね~
一瞬ドーナツタイプなのかと思いましたが、リングの型で焼いた本格的なものなんですね!
我が家にも同じような型があるのですが、もう10年以上使っていません。
ホットケーキミックスがまた面倒が無くて魅力的ですね(笑)

息子たちに「お袋の味」って訊いたことはないですが、訊くのも怖いような・・・
2009年04月01日 13:26
こんにちは。
「ママのケーキ」美味しそうですね~
名前がとてもステキです♪
息子さん達も今でも想い出の御菓子ですね。
今度はお孫さん達がうふふさんのケーキを楽しみに待つようになるのでしょうね(^^)
私の味って何なのでしょう~
今 フッと思いました。
今度姪達に聞いてみます(*^-^)♪
2009年04月01日 14:36
こんにちは。
「ママのケーキ」ですね^^。
若くて一番元気になんでも出来ていた時の想い出はキラキラ輝いていますよね。
男の子二人の家族構成は同じでまるで我が家の事のように重なります♪
男の子には何時まで経っても母親の味はあるものですがこのケーキがそうなのですね  我が家もシュークリームやらデコレーションケーキ、それにおはぎですよ・・・多分^^。

リング型も大切に使っておられるのですね。年期が入っている様子が見えますね。お孫さんたちにもご馳走されますか。
ちなみに我が家のデコレーションケーキは男の子の孫には不評で女の子の孫には好評です^^。
2009年04月01日 16:13
素敵なお話ですね~(*´∇`)
息子さん達の良い思い出は息子さん達の子供さん達にも伝わって行くのでしょうね~
その時にはおばあちゃんのケーキになるのかな~フフフ
大きめなレーズンは沈むのね~
美味しそうなので食べたくなっちゃいました~(*^_^*)
2009年04月01日 19:14
ママのケーキってこの分量で
オーブンで焼く時に予熱は
何度くらいですか?
あと何分くらい焼いたらよい
でしょうか?
春休みだし、夫もあさってから
少し休みが取れるので焼いて
食べてみようと思ってます。
良かったら教えてください♪
ハーモニー
2009年04月01日 20:36
うふふさん、こばんわ。
すっかりご無沙汰していましたが、今日から完全復帰です♪
めまいが治ったかと思ったら、今度は風邪で発熱( 一一)
弱り目に祟り目って、このことでしょうか?

ふんわり~ 焼きあがりましたね♪
うふふさんの記事を読み、私も懐かしい時代を今思い出しています。

わが家もリフォームが完成しましたら、ドンドン焼きま~す♪パン、ケーキ、クッキーなどなど(*^^)v
2009年04月01日 20:50
こんばんは。
「ママのケーキ」美味しそうです~。
ホットケーキミックスで出来るのですね♪
焼きあがりも綺麗に出来ましたね
レーズンや、ヨーグルトが入っていて身体に良いですね。
使い慣れているケーキ型は分量なども分かりやすく良いものです。
私も何十年も使用している型があります(笑)
2009年04月01日 21:10
お久しぶりです~
いつも読み逃げが多くてごめんなさい
ママのケーキ~本当にふっくらしておいしそうですね♪
最近は私も作っていないのでたまには?またつくろうかな?
って思っています
レーズンたっぷり~いいですね♪
2009年04月01日 21:42
子供のころに食べた物って子供にとって忘れられないものなのですね。
こうしておふくろの味は引き継がれていくのですね。
おいしそうなケーキですね。おまけに簡単そう。久しぶりに作ってみようかしら。 ふと考えると我が家の子供たちのおふくろの味って何かしら?
「思いつかないよ」なんた言われたらどうしましょう。聞くのが怖いような…
うふふ
2009年04月01日 21:49
ちーずママさんへ♪
こんばんは!
ようこそおいで下さいました。
「ママのケーキ」がおふくろの味だなんて、ちょっと恥ずかしいですね。
ブログの表題通りの不器用ですので失敗ばかりしています。
いろいろなものを楽しんで作れたらいいなぁと思っています。
後でそちらへ伺いますね~☆
うふふ
2009年04月01日 22:21
pekorinさんへ♪
コメントふたつ、ありがとうございます。
そうなんですよねぇ。
使い慣れた型が一番安心してできますね。
パウンド型のもいいですね。
焼きあがってから真ん中で二枚に切って、間に生クリームと苺をはさんだことがありましたよ。
予熱の温度や焼く時間をCOOKPADに載せました。
上の追加の記事からクリックしてご覧ください。
パウンド型だとリング型よりももう少し時間がかかるかもしれませんが、pekorinさんの方が詳しいでしょう~☆
うふふ
2009年04月01日 22:30
hinaさんへ♪
フフフ…怖いですか。
ぜひ、聞いてごらんになってぇ~。
思いがけない答えが返ってきて、母親を嬉しがらせるようですよ。
ホットケーキミックスは箱の中に200gずつ分けて入っているのが多いので、粉は計らなくてすむので楽ですね。
ただ、メーカーによって味や香りが違うので出来上がりも微妙に違いますね。
ぜひお試しください。
うふふ
2009年04月01日 22:41
マリーさんへ♪
姪御さんたちはマリーさんの味をなんとおっしゃるでしょうね。
お料理の上手なおばさんがいらっしゃって、姪御さんたち、お幸せですね。
「ママのケーキ」の話は二月にUPしましたが、写真は初めてです。
孫たちには一度しか作ったことがないんですよ。
ママに分量など伝えてありますが、私よりずっと上手なので手は出しません(笑)
お菓子類は作るのも食べるのも楽しいですね。


うふふ
2009年04月01日 22:55
のろばあさんへ♪
そう、そう、のろさんのお宅も同じ家族構成でしたね。
天皇家も同じだったので、日曜日の朝なかなか起きてこない子供たちを「浩宮~、礼宮~、起きなさぁい。陛下はもう起きているわよぉ~」なんて言って起こしてふざけていました。
まぁ、なんと畏れ多い…!

ケーキ型は古いのですが、馴染んでいるのは使いやすいですね。
久しぶりに取り出して焼いてみましたが、昔のままで楽しかったです。
うふふ
2009年04月01日 23:06
ニャンニャンのおばあちゃんへ♪
ありがとうございます。
多分、息子の思い出の味は孫にはいかないでしょう。
孫たちには「ママの味」が親子の思い出として作られていくと思いますし、そうあってほしいと願っています。
ママたちは私よりずっと上手に作りますし、孫たちも小さいながら一緒に混ぜ混ぜしたりしてお菓子を作っているようですので楽しみです~♪
レーズン、大きすぎちゃいました。
でも、柔らかくて甘くて、見た目よりは良かったような気がします。
うふふ
2009年04月01日 23:14
ハーモニーさんへ♪
まぁ、さんざんでしたね。
今年は二月に真夏のような日があったり、三月は寒い日が続いたりして不順でしたものねぇ。
体調を維持していくのも大変ですね。
もう工事は始まったのですか。
楽しみなことも多いですが、お忙しくなってまたまたお加減が悪くなりませんように…。
お台所がきれいになるの、羨ましいです~☆
なのしろ「女の城」ですからねぇ。
完成後は腕が鳴りますね。
うふふ
2009年04月01日 23:20
杏さんへ♪
杏さんも使い慣れた型をお持ちなのですね。
皆さん、同じなのでわけもなく嬉しくなりました。
30年近く使っていても何ともないので、このまま我が家に居ついています。
子どもたちが大きくなるにつれて出番が少なくなりましたが、こうして昔を思い出しながら焼いたケーキは特別ですね。
気のせいか、おいしかったです~☆
うふふ
2009年04月01日 23:25
レモンツリーさんへ♪
わぁ、お久しぶりです~!
お元気でしたか。
懐かしいケーキを焼いたら、嬉しくてUPしてしまいました。
レモンツリーさんは何でもお上手になさるので、ちょっと恥ずかしいです。
子供たちとの思い出って、何年たっても色あせることがないですね。
いつも胸の中に温かく残っています。
こういう幸せ感も良いものですね。
うふふ
2009年04月01日 23:31
hiroさんへ♪
フフフ…hiroさんもほかの方たちと同じことを言ってるわぁ~。
聞いたらきっと思いがけないことを言われると思いますよ。
嬉しいものです。
ぜひお尋ねになってください。
そして、ここだけの話(?)としてお知らせください(笑)
このケーキはウルトラスーパー簡単ですのでぜひ作ってみてください。
あまり甘くしなければ、朝食にも良いのではないかしら。
2009年04月02日 02:05
うふふさんのレシピは参考になりますー。
息子さん達にも好評みたいですし、
作りがいありますね
うふふ
2009年04月02日 06:35
ゆうさんへ♪
ゆうさんのパンを見てしまったら、恥ずかしくてなりません。
これは子供でも出来る、超、超簡単なものです。
息子たちには思い出のケーキだったのですね。
母親としてはうれしいものです。
ゆうさんの「おふくろの味」は何ですか。
2009年04月02日 12:41
おふくろの味
誰にも有るものですね。
息子さん達の「ママのケーキ」特別なケーキなんですね。
私も母の味は「ちらし寿司」なんですが何処にでもある物で特別な寿司でもないのに母が亡くなってからは口にしていないのに今気づきました。
2009年04月02日 13:14
「ママのケーキ」作りの楽しい光景が目に浮かんできました~(^^♪
シンプルでたっぷり食べられて飽きることのないケーキですね、
私も母がリング状の重い型で焼いてくれたのを想い出しました
大きな干しぶどうが 上に集まるのも悪くないと思いましたよ♪
フルーツケーキのようにラズベリーやオレンジピールも入れて
作りたくなりました、リキュールやブランデーもお試しで…うふふ
(最後のはチョット拝借(^_-)-☆)
2009年04月02日 16:13
男の子はいつまでも
「ママのケーキが大~好き」
何て言われると
母として最高の言葉ですね!

娘はそうは行きません、
なかなか手厳しい批判が
飛んできますよ(アハハ

大粒のレーズンは沈んでしまいますか?
でも結局上に出るから
出来栄えはグーですね(^o^)丿
うふふ
2009年04月02日 22:00
テルシマフクロウさんへ♪
何でもない簡単なケーキですので「おふくろの味」と言われると不思議な感じがしました。
こんな物でも思い出してくれるのはうれしいですね。
お母様のちらし寿司はどんなにか美味しかったのでしょうね。
ちょっとしんみりしてしまいました。
うふふ
2009年04月02日 22:07
Topiさんへ♪
ウフフ…お貸ししましたぁ。
それにしても変な名前ですよねぇ。

リキュールを入れると大人の味ですね。
ずいぶん前にアップしたアップルケーキには杏酒を入れました。
子供たちには焼き上がった後、生クリームやメレンゲが加わりました。
楽しい思い出です。
うふふ
2009年04月02日 22:11
ロコさんへ♪
お嬢さんのいる友人は皆同じことを言っていますね。
「女の子は母親に厳しいのよ~」と嘆いています。
懐かしいケーキを焼いたら、急に息子たちが小さかった頃のことが思い出されました。
胸がキュンとなっています~☆
2009年04月03日 11:55
コメントありがとうございます。
今日でブログをスタートして1ヶ月になりました。
また遊びに来ますので今後とも宜しくお願いします。
うふふ
2009年04月03日 16:59
dragon pearlさんへ♪
ブログ開設1か月、おめでとうございます。
美しい写真をいつも楽しんでおります。
またお立ち寄り下さいませ。
2009年04月04日 20:39
こんばんは
今日も美味しそうな・・・「ママのケーキ」ですね
私の中のうふふさんは 「いつも頑張ってるおかあさんって」 イメージです
母親の鏡です!息子さんの心の中にいつまでも残ることでしょう。 
うふふ
2009年04月04日 22:48
メダカさんへ♪
私? 頑張ってない。ない。フフフ…。
いつもいい加減な母でしたよ。
息子のお嫁ちゃんたちが一生懸命子育てをしている様子を見ていると、反省することばかりです。
過ぎた日は戻りませんけれど…。
2009年04月04日 23:18
うふふさん!
そうです。民さんの鍋です。
まだ売ってるのですね。
戦災にあって仮住まいの間S26年迄の間
に使いましたよ。懐かしい!!
又電気パン焼き器というのもありました。
食パンの形の長方形の箱だったと思います
電線がぐるっと貼ってあったと記憶してま
す。
でもこれは成功しなかったみたいです。
ガスも復旧してなくて、炭の上で天火
をつかいました。
これも上手くなかったみたいと記憶し
てます。民さんの鍋が活躍してました。
あの時のカステラは美味しかったわ!
全部父が買って来てました。
よい情報教えて頂きました~~
うふふ
2009年04月05日 07:19
ハッピーさんへ♪
おはようございます。
「たみさんのお鍋」を楽天で検索してみましたが、扱っていないようなので自信がなくなりました。
でも、最近新聞のチラシだったかでニコニコ笑っているたみさんの写真が載っているのを確かに見たんですよ。
オープンがなくてもパンが焼けます…というキャッチコピーだったような。
今は良いものがたくさん出回っていますが、昔ながらの知恵も大切にしたいですね。
2009年04月05日 08:18
検索で見たのですよ!
2009年04月05日 14:22
うふふさん
「唖然」に気持玉有難うございます。
岡山もようやくですが桜が見ごろになりました。
今夜あたりはあちこちで宴会見られるて゜しょうね。
うふふ
2009年04月05日 14:48
ハッピーさんへ♪
あっ、そうでしたか。
良かったぁ~。
楽天じゃなかったのですね。

昨日の朝、楽天で本を3冊注文しましたら今朝もう届いたので、あまりの早さに驚きました。
便利すぎて怖いようです。
うふふ
2009年04月05日 14:54
テルシマフクロウさんへ♪
方向音痴の私は奥様と一緒なので思わず笑ってしまいました。
車を目印にするのはやめます(笑)
都内の桜もようやく満開になりました。
お花見宴会をする方たちは桜を愛でるのでしょうか。
それとも、花より団子…でしょうか(フフフ…)
2009年04月06日 07:30
うふふさん おはようございます
ママの手作りケーキ!! めちゃ美味しそうです~
食べたいですね~

おふくろの味がケーキ! 時代ですよね

私のおふくろ味は・・のり弁当です
ご飯の真ん中にはカツオと海苔が入っていて 一番上には海苔が乗って
弁当を開けるとフタに海苔がくっついてます(笑)
おかずは玉子焼きとウィンナー 懐かしいです
2009年04月06日 19:45
ママケーキですかあー、美味しそうですね。
出来ればレーズン抜きがいいなあー(笑)。。。
うふふ
2009年04月06日 22:29
テスさんへ♪
ケーキがおふくろの味だなんて…驚きましたよ。
他に何もなかったのかも(悲)

テスさんののり弁、食べてみたいです。
「二段弁当」と呼んでいましたね。
真ん中にもお醤油をまぶした海苔が挟んであったりすると、嬉しくて残さず食べましたっけ。
玉子焼きは絶対欠かせませんでしたね。
本当に懐かしいです~☆
うふふ
2009年04月06日 22:34
Tomoさんへ♪
「ママのケーキ」ですって。変な名前でしょう? 
お嫁ちゃんたちまで、このケーキを「ママのケーキ」と呼ぶので可笑しくなってしまいます。
Tomoさん、レーズンがお嫌いですか。
息子たちもレーズンは入れないで…とよく言っていましたよ。

この記事へのトラックバック