アカンサス モリス (ハアザミ)


買い物の途中で、空き地の道路際に今まで見たこともないお花が咲いていました。

この道はほとんど毎日通りますのに、どうして気づかなかったのか不思議でたまりません。


こんなお花です。

画像


画像






一番上までは大人の背丈より高く、太い茎に大きな花が付いています。

根元のビッグなギザギザの葉の間から伸びている蕾もとげとげしくて、見るからに痛そう。

画像


画像






白い花の上に帽子のように載っているのはなんでしょうね。

紫蘇の葉によく似ています。

画像






家に帰ってから図鑑を開いてみましたが、全く分かりません。

それでは…と、ここでインターネットの出番。

ありました、ありました。やっと名前が分かりましたよ。

画像






アカンサス モリス

キツネノマゴ科 ハアザミ属(アカンサス属 )

別名 ハアザミ

画像





Wikipediaにはこんなことが書いてありました。


大型の常緑多年草で、地中海沿岸(北西アフリカ、ポルトガルからクロアチア)の原産。

葉には深い切れ込みがあり、光沢があり、根元から叢生して長さ1m、幅20cmほどになる。

晩春から初夏に高さ2mほどの花茎を出し、緑またはやや紫がかったとがった苞葉とともに花をつける。

花弁は筒状で、色は白、赤などがある。乾燥にも日陰にもまた、寒気にも強い。

アカンサス属は約30種からなり、地中海沿岸を中心に分布する。A. mollis のほかA. spinosa なども栽培される。






それにしても、いつの間に生えたのでしょうね。

お澄まし顔で黙って立っていますが、ハアザミの言葉がわかったら聞いてみたいものです。






この記事へのコメント

witch
2014年05月28日 16:44
アカンサスモリス、初めて目にしました。よく見ると和の雰囲気もあり、南の島のような花姿でもあり…。と思ったら地中海沿岸とありますね。外来種なのでしょうか?惹かれます。
2014年05月28日 18:16
こんにちは。
アカンサスモリス、もう咲いているんですか?大きくなりますね。毎年木曽三川公園で見ます。可愛いとは言い難い刺々しい感じがする花ですね。
大きな切れ込んだ葉がギリシャ建築コリント様式の円柱を飾る意匠に用いられたということですので、長い歴史のある花ですね。
でもなんで空地の道路際に咲いているんでしょう。不思議ですね。
2014年05月28日 18:42
どこかで私も見たことあります。
名前まではわかりませんでしたが。
ある日突然花が・・きっと種が飛んできたのかもしれませんね。
変わった花が増えて楽しいですね。
2014年05月28日 18:53
こんばんは♪

う~ん、不思議なお花です!
何処かのお家から脱走してきたのかな・・・
シックなスカーフみたいです。
ハアザミさんお家に帰りたいって言ったらどうしよう・・・
2014年05月28日 19:51
こんばんは♪
先日訪れました「浜名湖花博」で沢山咲いていました。
名まえも知らないお花達が増えて中々覚えられませんね。
でも初めての出会いの花にはワクワクと好奇心がわきます。
いろんな方のブログの中でワクワクが一杯です
2014年05月28日 20:19
初めて見ました!
随分大きくなるのですね。
インターネットでお調べになったと・・・
どんなヒントで調べたのですか?
私は、分からなくなると、すぐ教えて下さるサイト
に直行です。
自分で調べれたら楽しいですね。
流石!
2014年05月28日 20:44
アカンサスが身近に咲いてましたか。
それは素晴らしいですね。
びっくりするくらい地味な植物ですが、
アカンサスというと、洋風建築の
装飾には欠かせません。
迎賓館の正門なんかアカンサスだらけです。
その他、1万円札や表彰状の四隅などでも
お馴染みなのに、身近な所では
なかなかお目にかかれませんね。
mu.choro狸
2014年05月28日 20:51
大人の背より高いとはすごいね。皇帝ダリアみたいに大きくなっちゃうのかしらね。
それにしてもキツネノマゴ科って^^
2014年05月28日 21:21
このお花数年前に知りました
母の施設の玄関の脇に
咲いていたのです
名前思い出しました
そして母を・・・・
もうすぐ一周忌なんです
お花から母を
想い出してしまいました
ごめんなさいね

2014年05月28日 21:56
実は私も知っているんですよ(ちょっと自慢げに(^_-)-☆)
北品川にある『原美術館』に伺った折にそのお庭にアカンサスがたくさん咲いていました。
私もその時が初めてでやっぱりネットで調べましたっけ(^_-)-☆
うふふ
2014年05月28日 22:45
 witchさんへ♪
やはりお初でしたか。
あまり見ないお花ですね。
地中海から日本へいつ頃来たのでしょうね。
不思議をたくさん持っているような気がします。
うふふ
2014年05月28日 22:52
 ekoさんへ♪
こんばんは!
あらら、お近くの公園にあるのですか。
ではもうお馴染みなのですね。
そうですね、可愛いお花とは言い難いです。
でも、不思議な魅力も感じますね。
ギリシャ建築の円柱の模様がこの葉だったとは。
あの模様は蔦の葉かと思っていました。
お陰さまでひとつ覚えましたよ。ありがとうございます。
もう一度、葉っぱを見てきますね。
うふふ
2014年05月28日 22:55
 はるるさんへ♪
はるるさんももう知っていらっしゃったのですね。
この大きな草は一度見たら忘れそうにありませんね。
ハアザミの名の通り、アザミのようなトゲトゲした葉や蕾はインパクトがあります。
今度どこかで見かけたら、すぐ名前を思い出すでしょう。
うふふ
2014年05月28日 22:59
 hanasakuさんへ♪
こんばんは!
ねぇ、不思議なお花ですよねぇ。
シックなスカーフ…なるほどです。
何処からやって来たのやら、帰りたいって言ってもわからないわぁ。
困ってしまった犬のおまわりさんみたいな気分です(笑)
うふふ
2014年05月28日 23:03
 まきちゃんへ♪
あらら、もうご対面済みなのですね。
初めて見るお花にびっくりすることがありますね。
これは本当に驚きました。
いつの間にこんな大きいのがここにいたのかしらってね。
ブログはいろいろなお花に会えてうれしくなります~☆
うふふ
2014年05月28日 23:08
 ハッピーさんへ♪
ハッピーさんもお初でしたか。
不思議な感じがするお花ですね。
知らないお花をネットで調べるのはその時その時で違いますが、今回は「四季の山野草」というサイトで分かりました。
もうお手上げ…という時は、写真を添付して教えてもらうサイトに頼っています。
ネットはありがたいですね。
2014年05月28日 23:14
こんばんは
ハアザミ、今、我が家にも咲いています。
2,3日前、私も撮ったのですが、縦に長く咲くので、(カメラ)アングルが難しいです。(苦笑) うふふさん、上手に撮られていますねぇ。(good)
このお花はスゴク大きくなるので、庭が狭い我が家は鉢植えにしており、今はまだ、それほど大きくありません。 
うふふ
2014年05月28日 23:17
 yasuhikoさんへ♪
ウィキペディアにも古代ギリシャ以来、建物の装飾にこの葉がモチーフになっていると書いてありましたが、賞状や一万円札のもこれだったのですね。
校章になっている大学もあるそうですので、本当に歴史ある野草なのですね。
良いものに出会いました。
うふふ
2014年05月28日 23:22
 mu.choro狸さんへ♪
大きいでしょう。
ウィキペディアには2mぐらいになると書いてありましたよ。
皇帝ダリアにはかないませんが、ちょっと見ない大きさですね。
キツネノマゴ科って小さなお花が多いのに、なんということを…(笑)
それにしても、今まで気づかなかったのが不思議でなりません。
うふふ
2014年05月28日 23:31
 桜桃さんへ♪
もう一周忌になりますか。
早いですね。
いろいろ思い出されて、お辛い一年だったことでしょう。
私が母と別れた時も、去年の今頃はこうだった、ああだったと思い出して悲しかったのですが、2年目になると去年の今頃はもうあちらの国に行っていたのねぇと思って、少し楽になりましたよ。
桜桃さんも少しだけでも悲しみから遠ざかれたらよいですね。
お母さまとアカンサスの繋がり、不思議なものを感じますね。
うふふ
2014年05月28日 23:35
 あっこちゃんへ♪
わおっ、もう知っていましたか。
自慢してください。
美術館のお庭にたくさん咲いていたとは、なんと素敵な。
この大きな野草ですから、見応えがあったでしょうね。
いつか行ってみたいです。
うふふ
2014年05月28日 23:40
 kirariさんへ♪
こんばんは!
あらら、お家に咲いていますか。
それは心強い~(笑)
そう、全身を撮ろうとするとかなり離れないと難しいですね。
ここでは道の真ん中に出てしまうので、近くでチマチマと撮りましたよ。
鉢植えにできるのですか。
大きな葉が広がって大変なことになりそうですね。
撮った写真を見せてくださいませな。
2014年05月29日 14:42
こんにちは。
ハアザミ、私も今初めて見ます。
蕾から花になるまでの過程、不思議というか面白いですね。

咲いているお花の名前、数が多すぎてわからない物ばっかり!
うふふさん、よく見付けられましたね。
何気に通ってる道にも、素敵な出会いがあるようですね
2014年05月29日 15:52
こんにちは

アカンサス。近くの神社にあります。
道端でたくさん咲きます。
ものすごく大きくなって・・・
そういえばこの時期だったんですね。
去年から散歩があまりできずにいてまだ見てません。
早速行ってみようかな・・・
うふふさん、ありがとう。
2014年05月29日 19:52
初めて見せていただいたような気がしています。
珍しいお花ですね。
でも、外来種だから日本の花たちを駆逐してしまわないか心配だわ。
2014年05月29日 21:41
こんばんは~
アカンサス 皇居をウォークラリーした時に見つけました。
すぐ側に交番があり、聞き教えて頂きましたが、10歩 歩いて忘れたままでした。(笑)
改めて 思い出しました。
インパクトのあるお花ですよね。 
2014年05月30日 16:26
こんにちわ♪
アカンサスモリスは大きくなるので場所を選びますが
お花は葉っぱと同化してあまり目立ちませんよね。
でもイギリスなどでガーデンが広い場所にはとてもよく
似合っていています。
花はキツネノマゴ科ですか?
ジキタリスとよく似ていますね。
我が家も裏山に植えています。
ベランダではとても手に負えません(;^ω^)
うふふさんは写真に収めるのがお上手です
どんころ
2014年05月30日 23:07
うふふさんへ

私も初めてアカンサスモリスを見た時には、びっくりしましたよ。
すごく大きいし、見たこともないし。

私は、自分で調べなくて、私のブログにアップしてたら、みんなが教えて下さいました。
みんなにいつもお世話になっている、どんころです!
2014年05月30日 23:26
アカンサス モリス、珍しいですよね。
私も実際には見たことがありません。
でも、ブログをやっていると知識がどんどん増えて。この文様がギリシア建築の柱の彫刻に使われていたとか、お札の装飾にも使われる由緒あるものだと知っていました。
そんなに背が高いのですか。
私もいつか出会いたいです。そしたら、ブログにアップします。
2014年05月31日 04:49
ある日突然 アレッ と思うことって ありますね。
ハアザミ 大きくなるのですね。うふふさん 上手に
写してらっしゃるので チョット探してみたくなりました。
2014年05月31日 13:57
 ハーモニーさんへ♪
お返事が遅くなってごめんなさい。
ハーモニーさんもお初なのですね。
ホント!不思議な雰囲気のあるお花ですよね。
こんなに大きくなるまでどうして気づかなかったのか、これも不思議です。
お花の名前はなかなか分かりません。
ネットはありがたいです~☆
うふふ
2014年05月31日 14:00
 kyabetuさんへ♪
こんにちは!
お返事が遅くなってごめんなさい。

わおっ、お近くにありますか。
しかも、たくさんあるのですね。
大きいから見事でしょう。
今度いらっしゃったら写真を撮って、見せてくださいね。
どんなかなぁ~。
うふふ
2014年05月31日 14:04
 もこさんへ♪
お返事が遅くなってすみません。
もこさんも初めてでしたか。
見たことのある方とそうでない方と、半々ぐらいですね。
ウィキペディアをもう一度見直したら、明治時代に到来したようです。
大きいだけに、どんどん増えたら怖いようですね。
うふふ
2014年05月31日 14:08
 イータンさんへ♪
こんにちは!
お返事が遅くなってごめんなさい。

あらら、皇居にもありましたか。
交番に詰めている方も名前を知っていたのですね。
そう、インパクトがありますよね。
この大きさはタチアオイと同じぐらいですね。
今、公園でたくさん咲いていますが、夏の雰囲気でとてもきれいです。
うふふ
2014年05月31日 14:13
 慈園さんへ♪
こんにちは!
そうですね。広い場所じゃないとなかなか大変なようですね。
かなり大きな葉が広がって、大きな顔をしています(笑)
キツネノマゴ科だそうです。意外な感じがしませんか?
お家の裏山に?すごいなぁ~。
全体を撮るのは難しいお花ですね。
いくつにも分けて撮りました。
うふふ
2014年05月31日 14:16
 どんころさんへ♪
あはっ、やっぱり驚きましたか。
大きな葉、太い茎、大きな花…そりゃぁびっくりしますよねぇ。
あっ、そうか。名前が分かりませ~んとブログに載せればいいんですね。
どなたかかがきっと知っているんですよね。
心強いです。
うふふ
2014年05月31日 14:21
 ミクミティさんへ♪
建物の装飾やお札の模様、賞状の周りの絵は見ていますが、蔦だとばかり思っていました。
この葉っぱだったのですね。
それにしても大きいです。
タチアオイもかなり大きい種類ですが、ハアザミのはちょっと驚きますね。
いつかご覧になれると良いですね。
うふふ
2014年05月31日 14:24
 フラバーバさんへ♪
大きいのに、今まで少しも目に入っていませんでした。
不思議ですよね。
先程、買い物帰りにまた通りましたが、茎が5本以上立ち上がって、全部お花をつけていました。
今度は遠くからでもすぐわかりましたよ。
面白いですね。
2014年05月31日 22:52
こんばんは。
蕾がとげとげしいのはアザミの仲間だからなんですね。見たことなくて珍しいです。紫蘇のような帽子をかぶっている様子が珍しいですね♪ 鳥が種を運んできたのでしょうか。前記事のポーチの出来は素晴らしいです。うふふさんは創意工夫して何でも物にされるのは気力が充実されていてるからですね。羨ましいです^^。
色も上品でとっても使い勝手もよさそうですよ!
うふふ
2014年06月01日 11:15
 のろさんへ♪
こんにちは!
アザミはキク科なのだそうですね。
これはキツネノマゴ科なので、アザミの仲間ではないらしいです。
なかなか難しいんですね。
のろさんも初めてのお花でしたか。
知らない植物がたくさんあって、これからも出会いが楽しみになりますね。

ポーチのこと、ありがとうございます。
買ってきてしまえば簡単なのに、いつものように勝手気ままにこんなことをしていました。
下手でも自分で作った物は愛しくなりますね。
2014年06月07日 20:36
目の具合いかがでしょうか
お休み中に申し訳ございません
桜桃改名致しました
「ジュン」にしました
宜しくお願い致します
お会い出来る日を楽しみに
待っております
目お大事になさって下さい
うふふ
2014年06月11日 10:18
 ジュンさんへ♪
こんにちは、ご無沙汰しています。
目のこと、ありがとうございます。
眼科で検査してもらったところ、あまり心配いらないということでした。
今はドライアイ用の目薬をいただいて凌いでいます。

お名前が変わったのですね。
了解しました。

近いうちに再開しようと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします。