ヒイラギモクセイ


駅へ向かう道で、ヒイラギモクセイが静かに咲き始めました。

夏の間、葉に虫が付いてかなりひどい姿になっていましたので、今年は咲かないのではないかと心配していたのです。



ヒイラギモクセイは、ギンモクセイとヒイラギの交雑種とされますので、白い花と棘のある葉をそのまま引き継いでいます。

香りはかなり柔らかくて、少し離れて写真を撮っている私の所までは香って来ませんでした。

画像


画像


画像






ヒイラギモクセイのお隣では、キンモクセイが二度咲きを謳歌しています。

画像






近くでフジバカマも咲き始めました。粒々の蕾から、房状に小さな花が咲いています。

画像


画像





フジバカマを好む蝶に美しいアサギマダラがいますが、まだ一度も見たことがありません。

皇居東御苑で秋の空を緩やかに飛んでいるのが観察できるとのことですので、見る機会はありますね。

今頃、南の国へ旅立っているのでしょう。無事に海を渡ってほしいです。

代わりにハナアブらしいお方がお食事中でした。

画像






公園の隅でイタドリの花を見つけました。派手な花ではありませんが、近くで見ると真っ白できれいですね。

画像