そして誰もいなくなった~。


夕暮れ時、電線にたくさんのツバメの子が並んで止まっていました。

チイ、チイと、まあ、賑やかなこと。
画像

画像

画像






まるで旅立つ時のために力をつけているように、それぞれに羽ばたいたり、飛びまわったりしていました。
画像







すると、次々にどこかへ飛んで行ってしまって、少しずつ数が減っていきます。

でも、じっとして動かない子もいるんですよ。
画像





とうとうこの子1羽だけになってしまいました。
画像





しばらくじっとしていましたが、あっという間に飛びたって誰もいなくなりましたとさ。
画像







画像







前回のヒヨドリジョウゴの咲いているところを、また通ってみました。

もう、まん丸い緑色の実が出来上がっているではありませんか。

つやつやしていて、とてもきれいでした。
画像





薄紫の花を花火のように並べて咲いていたアガパンサスも種が出来ています。

この後、どうなるのでしょうね。
画像








この記事へのコメント

2016年07月16日 22:42
こんばんは
ツバメ それぞれ巣があるのでしょうが、おしゃべりの時間ですかね。

鵯上戸 緑の果実 赤くなるのが待たれますね。
2016年07月16日 23:12
つばめが電線に並んで止まっているさまは面白いですね。そして誰もいなくなる。
次々飛び立ってどこかまた、みんな同じところに移動したのでしょうか。
物語が潜んでいるような....
ヒヨドリジョウゴ、変化が速いですね。
2016年07月16日 23:24
 ツバメが電線に多く集まっていたのは幼鳥でしたか。
 やはり、飛べるようになると渡りのために仲間との情報伝達を始めるのでしょうね。
 ヒヨドリジョウゴの花がもう実になりましたか、赤い実に熟していくのが楽しみですね。
2016年07月17日 04:25
 ♪音符のように電線にとまった子ツバメたちをご覧になりましたか。暗くなるとともにねぐらに帰ったのでしょう。すいすいと飛ぶツバメは見ていても気持ちの良いものです。

 こちらではまだヒヨドリジョウゴは盛んに咲いていますが、気の早いのはもう緑のつぶらな実になっているのですね。色付く頃が待ち遠しいものです。
2016年07月17日 09:51
♪電線に スズメが三羽止まってた…じゃなくて、ツバメでしたか。先週、近くの居酒屋の軒下でピーピー鳴いていましたが、そろそろ集団で南に向う時期なんですね。
ヒヨドリジョウゴに実ができていましたか。葉の切れ込みも深くなりましたね。
2016年07月17日 10:45
並んで旅立ちの準備??
並んだ姿が可愛い♡
どんなお話していたのかしら。
ヒヨドリジョウゴにもう実が
うふふさんで可愛いお花
拝見出来て良かった
2016年07月17日 16:54
こんにちは!
ツバメがたくさん並んでもう旅立ちの準備でしょうか。田んぼがあってもこちらではツバメの姿を見なくなりました。
ヒヨドリジョウゴにもう実が赤くなるのが楽しみですね。今年は見つけることが出来ませんでした(苦笑)
薄紫の涼しげな花を咲かせたアガパンサスももう実が出来ていますね。
2016年07月17日 19:26
こんばんは~
ツバメさんもお口パクパクして親鳥さんから餌移しされていた赤ちゃん鳥ですね。
立派に育って親鳥ももう心配ありませんね。
植物も蕾 花満開 そして種と終わりへ向かっていきますね
人間の生命と同じように(すみません!湿っぽくなりました)
2016年07月17日 19:36
ついこの間まで子ツバメがいたと思ったら、もう巣立っていたのですね。
たくましいです。
花も咲いたら実ができて、次の世代へと移っていくんですね。
いいお話を見せていただきました。
2016年07月17日 19:43
こんばんは♪
我が家の駐車場の上の光の電線に20羽ほどの燕が止まっていました。
鳥の声があまりにも煩いので窓を開けるとすぐ目の前に。
それでも飛んでいきません。しばらく燕さんとお喋りできました。
ヒヨドリジョウゴも立派な実になり真っ赤な顔が楽しみです。
アバカンサスも毎年、何もしなくてもたくさんの花を付けてくれる楽な花ですね。
毎年、花が終わるとすぐに切っていますが、この後どうなるのでしょうね。
2016年07月17日 19:50
ツバメの学校とでも言いたいような風景ですね。
音楽のお勉強中かな? 
ツバメが電線に止まっている様子はまさに音符ですね。

アガパンサスの花 
自然に放置していたら種ができるのかしら・・・
その後にどうなるのか見てみたいですね。
うふふ
2016年07月17日 21:29
 shuuterさんへ
こんばんは!
そうですね。電線に止まって楽しそうにおしゃべりをしていました。
もうすぐで旅立つのでしょう。
寂しくなります。
赤くなったヒヨドリジョウゴに会えるのが待ち遠しいです。
うふふ
2016年07月17日 21:34
 すずりん♪さんへ
たくさんのツバメでしたよ。
暗くなる前に、ねぐらに帰るのでしょうね。
どこへ行ったのか、みんないなくなってしまいました。
ヒヨドリジョウゴの実が赤くなるのももうすぐですね。
楽しみです。
うふふ
2016年07月17日 21:41
 mori-sanpoさんへ
確かではないのですが、体つきがなんとなく幼げでしたので、今年生まれた子ツバメではないかと思います。
これから集団で移動するのでしょうかしら。
元気に旅立ってほしいですね。
ヒヨドリジョウゴの青い実もきれいですね。
赤くなったらもっと目立つでしょう。
2016年07月17日 21:44
「そして誰もいなくなった」というタイトルがいいですね。寂しくもありミステリアスでもあり。
いえいえ、彼らの旅立ちの時期でしょうね。これは宿命です。
そんなシーンをよく撮られれましたね。
ヒヨドリジョウゴの実が本当に鮮やかな緑で美しいです。
アガパンサスの花も終わってしまって、いよいよ真夏へ向かうなという感じがします。
2016年07月17日 21:51
 なおさんへ
ほんと!音符のようですね。
子育てを終えた親ツバメや巣立ったツバメは集団でねぐらを作るのだそうですね。
日本野鳥の会からツバメのねぐらを観察する会の案内が来ていましたが、夕方から夜にかけての観察でしたので、申し込むのをやめました。
ツバメの大群が頭上を飛び回って壮観だそうです。
ヒヨドリジョウゴは花も実も長く見られますね。
これからが楽しみです。
うふふ
2016年07月17日 21:59
 長さんへ
アハハ・・・、そんな歌がありましたね。
「おっとっとぉ~」でしたっけ?
ツバメも少しずつ街からいなくなりますね。
都内ですと、多摩川や大森の野鳥公園のような河川敷のヨシ原に集団でねぐらを作るのだそうです。
日本野鳥の会のから届いたパンフレットで知りました。
ヒヨドリジョウゴも夏支度ですね。
うふふ
2016年07月17日 22:02
 ジュンさんへ
ツバメさんたちのお喋りは楽しそうでしたよ。
南の国へ旅立つのももうすぐですね。
ヒヨドリジョウゴの花にまだ会えませんか?
赤い実もきれいですね。
どこかで会えますように~。
うふふ
2016年07月17日 22:08
 ekoさんへ
こんばんは! 
ツバメの旅立ちももうすぐですね。
まだ幼げな姿ですので、もう少し力を付けないと心配です。
ヒヨドリジョウゴはうっかりすると刈り取られてしまいますね。
いつも見ていた所のは、すっかり姿を消してしまいました。
赤い実になるのが待ち遠しいです。
アガパンサスはこの後抜かれたりしないと良いのですが…。
うふふ
2016年07月17日 22:13
 イータンさんへ
こんばんは!
そうでしたね。
前にUPした子ツバメは、まだ小さかったです。
もうこんなに大きくなりました。
ひとり立ちしたのか親鳥は近くにいませんでしたよ。
いえ、いえ、湿っぽくありませんよ。
生きとし生けるものはみんな同じなのを実感しますね。
うふふ
2016年07月17日 22:17
 はるるさんへ
あのヒナたちは、あっという間に大きくなりましたね。
くちばしの隅の黄色いのもすっかり消えていましたよ。
南の国へ旅立つのもあと少しでしょう。
季節の移ろいは命の移ろいでもありますね。
見てくださってありがとうございます。
うふふ
2016年07月17日 22:24
 まきちゃんへ
ツバメが20羽もいましたか。
それはすごい。
どんなにか賑やかだったでしょう。
もうすぐで旅立つかと思うとちょっと寂しいですね。
ヒヨドリジョウゴの青い実が光っていましたよ。
赤くなるのも楽しみです。
アガパンサスは花が終わったら切り詰めますよね。
ここのお宅のは種を取るのかしら。
うふふ
2016年07月17日 22:28
 もこさんへ
ホント!スズメの学校ならぬツバメの学校ですね。
とても可愛らしい音符でした。
アガパンサスの種がはちきれそうでしたよ。
蒔いたら育つのでしょうか。
見てみたいですね。
うふふ
2016年07月17日 22:38
 ミクミティさんへ
この題名を無断で使ってアガサ・クリスティに𠮟られそうです。
小説の方は怖いお話ですが、ツバメは楽しそうでしたよ。
カメラは手持ちでしたので飛ぶシーンがなかなか撮れず、これがやっとでした。
ヒヨドリジョウゴの実はまん丸くて可愛らしいですね。
赤くなるのももうすぐです。
2016年07月18日 08:32
おはようございます。
今日の岐阜地方、暑くなりそうです。蝉しぐれがTVの音を打ち消していますよ。

ツバメ君、旅立ちの時を迎えたのでしょうか。
最後の1羽、無事飛んで行って良かったです~♪

ヒヨドリジョウゴ、早実になってるんですね。美しいですね。
季節の移ろいを感じます。
アガパンサス、どうなるのかな?
2016年07月18日 14:24
流石にこれだけの数でさえずったら賑やかでしょうね!
お家に帰ったのかなー。
ヒヨドリジョウゴはこんな実になるんですね。
アガパンサスも終わりなんだなー。
うふふ
2016年07月18日 19:44
 ハーモニーさんへ
こんばんは!
蝉の声がするのですか。
こちらはまだ聞こえません。
東海地方は梅雨明けしましたね。
これから本格的な夏、お互い元気に過ごしましょうぞ。

ツバメは巣立つと大集団のねぐらを作って、夕方になるとそちらへ移るようですよ。
日本野鳥の会から送られてきたパンフレットに載っていました。
ねぐら観察会の案内も同封されていましたが、解散が夜になってしまうとのことでしたので、申し込むのをやめました。
どんな様子なのでしょうね。

ヒヨドリジョウゴの実、可愛らしいですね。
赤くなるのが待ち遠しいです。
うふふ
2016年07月18日 19:48
 イッシーさんへ
はい、賑やかでした。
見ているだけでも楽しそうでしたよ。
この後、みんなでねぐらに帰ったのでしょうね。
ヒヨドリジョウゴの実は小さいので見つけにくいですね。
これから赤くなるとすぐに分かります。
アガパンサスは種を作って、お役御免ですね。
また、来年です。
2016年07月18日 21:21
こんばんは。
こちらは梅雨明け宣言されました。相変わらず暑いですが夕方までクーラーのお世話になりませんでした。少しからっとして風がありました。
燕さん達の様子楽しく拝見しました。アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」ですね^^。
ヒヨドリジョウゴの実はホント可愛いですね。アガパンサスは我が家にもあったと思いますがさてどうなっているかしら。
うふふ
2016年07月18日 21:52
 のろさんへ
こんばんは!
いよいよ梅雨明けですね。
こちらはまだですが、時間の問題でしょうね。
そうなんです。アガサ・クリスティに断わりもなく使ってしまいました。
誰もいない電線を見て、ふっと思いつきました(笑)
アガパンサスの種は黒いんでしたよね。
種が採れたら良いですね。