テーマ:神社仏閣

上野大仏とパゴダ

新年を迎えてから早いもので今日は8日、松がとれました。 そろそろ日常に戻るはずなのですが、なんとなくエンジンがかかりません。 ちょっと気分を変えましょうか。 上野公園にお顔だけの大仏様がいらっしゃいます。 参拝者がたくさん訪れると聞いてお参りをしてきました。 JR上野駅公園口から東京文化会館…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

雑司ヶ谷鬼子母神の大いちょう

秋が少しずつ深まってきましたね。 それでもいちょう並木はまだまだ青い葉を茂らせていて、木全体が黄金色に輝くのはもっと先のようです。 雑司ヶ谷 鬼子母神 ( ぞうしがや きしもじん ) の大いちょうは黄葉が進んでいるでしょうか。   池袋から近くて便の良い場所にありますので、早速見てきました。 境内に入るとす…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

盆踊り

夏休みが始まりましたね。 我が家の孫たちにも、楽しいことがいろいろ待っているようです。 そんな夏休みの初日、次男の家族が遊びに来ました。 春休みに会って以来でしたが、背が急に伸びていたり、大人びたことを言って笑わされたり、その成長ぶりに驚かされます。 その日の夜は、近くのお寺で盆踊りをしていました。 …
トラックバック:0
コメント:58

続きを読むread more

紫陽花の白山神社

紫陽花の一番きれいな時期になりました。 全国には紫陽花寺とか、紫陽花神社と呼ばれる寺社がありますが、文京区白山の白山神社も紫陽花の美しさで知られています。 「あじさい祭り」はもう終わってしまいましたが、まだまだ見ごろだと聞いて行ってみました。 白山神社は・・・ 創開は古く、天暦年間(947~957)に…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

根津神社あたり

あちらこちらでつつじが美しく咲いていますが、今咲いているのは遅咲きの種類でしょうか。 つつじの季節も終盤に入ったようです。 都内でつつじと言えば、文京区の根津神社が良く知られています。 もうすでに「つつじ祭り」は終わってしまいましたが、まだ咲いているのを期待してぶらぶらと行ってみました。 根津神社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もあとわずか…この一年ありがとうございました。

用事があって巣鴨に行ってきました。 巣鴨と言えば、「とげぬき地蔵」が良く知られていますが、その近くにそれとは別の大きなお地蔵さまがいらっしゃるのをご存知ですか。 江戸六地蔵の一つです。 江戸六地蔵とは・・・ 宝永五年(1708)9月、江戸深川の僧、地蔵坊正元が15歳のときかかった病が地蔵祈祷によって無事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湯島聖堂から聖橋あたり

所用で、またお茶の水に行ってきました。 早く来すぎて約束の時間まで大分ありましたので、湯島聖堂から聖橋(ひじりばし) あたりをぶらぶら歩いてきました。      {%新芽webry%…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

明治神宮御苑の花菖蒲

六月はアジサイや花菖蒲が美しい時ですね。 花菖蒲でよく知られている明治神宮御苑の菖蒲田に行ってきました。 大きな鳥居をくぐり参道に入ると、覆いかぶさるように大木が茂って、涼しい風が吹きわたっていました。 玉砂利をザクザクと踏みしめながら奥へ進みます。 途中でこんな大きなものが…。 明治…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

日本橋人形町

中央区の日本橋人形町へ行ってきました。 下町情緒の残る小粋なこの界隈は、安産・子授けの神様 水天宮を中心にして、明治座や浜町公園にぬける甘酒横丁があり、江戸時代から続く伝統工芸店や、味な老舗も多く残っています。 日本橋人形町は…  (人形町商店街協同組合ホームページより抜粋) 江戸時代、この街では中村座 と市村…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

神田明神

所用でお茶の水へ行ってきました。 約束の時間まで大分間がありましたので、神田明神へお参りすることにしました。 神田明神は… 天平2年 (730年) 創建の神社です。創建当時は、現在の千代田区大手町にありましたが、元和2年 (1616年) に江戸城の表鬼門に当たる現在地に移転し、江戸総鎮守として豪華な社殿が築かれまし…
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

山王 日枝神社

山王の日枝神社 ( ひえじんじゃ ) にお参りに行ってきました。 お正月三が日の混雑を避けて行ったため、お参りした後、ゆっくり境内を散策できました。 日枝神社の歴史は・・・ (日枝神社宮司 宮西惟道さんのホームページから一部お借りしました) 日枝神社は、鎌倉時代に江戸氏が祀った山王宮に始まります。 室町時代に…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

お茶の水 聖橋からニコライ堂へ

御茶ノ水駅辺りをぶらりと歩いてきました。 ここは大学がたくさんある学生の街ですが、古いものと新しいものが調和していてとても活気のある街です。 今回は古い方のものを写真に撮ってきました。 聖橋 ( ひじりばし ) 聖橋は神田川の上に架かる、文京区と千代田区を結んでいるアーチ形の美しい橋です。 関東大震…
トラックバック:0
コメント:51

続きを読むread more

東京大仏

大仏さまといいますと、「奈良の大仏」と「鎌倉の大仏」がまず挙げられますが、東京にも大仏さまが建立されているということは聞いていました。 一度はお参りに・・・と思っていてもなかなか機会がなくて過ぎていましたが、ようやく行くことができました。 東京大仏( または、赤塚大仏 )は、板橋区赤塚の「赤塚山乗蓮寺」にいらっしゃいます…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

湯島天神から不忍池へ・・・スライドショー

梅の花の便りも聞かれそうな頃になりました。 東京都文京区にあります湯島天神・・・正式には湯島天満宮・・・は梅の名所として知られています。 また、学問の神様として知られる菅原道真を祀っていることから、たくさんの受験生が合格祈願にお参りに来ます。 梅の花には少し早いとは思いましたが、お参りがてらちょっと覗いてきました。…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

護国寺

都内には徳川将軍家ゆかりのある寺院がたくさんあります。 池袋のすぐ近くにある「護国寺」もそのひとつ。 護国寺は徳川5代将軍綱吉の生母桂昌院(けいしょういん)の発願により天和2年(1682年)に創建した寺院です。 桂昌院は綱吉の安産を祈願するためにたびたび参詣に訪れたということです。 観音堂(本堂)は、綱吉によ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

とげぬき地蔵へ行ってきました。

   山手線の巣鴨駅近くに用事があって出かけましたが思っていたより早く済んだので、とげぬき地蔵にお参りしてから帰ることを思いつきました。    四のつく日はご縁日でとても賑わうのですが、その前日ということもあ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more