テーマ:庭園

新宿御苑の花と鳥

新宿御苑のハクウンボク ( 白雲木 ) がきれいに咲いていると聞いて、ちょっと覗いてきました。 御苑の東北にある大木戸門を入ったところにありますので、すぐに見つけられました。 緑の濃い葉の下に、まっ白い花が枝ごとに並んでたくさん咲いています。 黄色のしべがおしゃれに見えませんか?   白雲木 (ハクウンボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミを見た後で…

前回は、小石川後楽園へ藤の花を見に行ったはずが思いがけなくカワセミに会えて、夢中になってしまいました。 興奮も治まったところで、他の鳥たちやお花も撮りましたので、記録がてらUpいたしましょう。 冬鳥は北国へ帰ってしまったのか、池には鴨類の姿がほとんど見られなくなりました。 の~んびり浮かんでいるのは、一年中…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

あっ、カワセミ!

あちらこちらから、藤の花が咲いたという話が聞こえてきます。 文京区にある、水戸黄門様でお馴染みの小石川後楽園にも藤棚があるのを思い出して、ちょっと見てきました。 藤棚は正門を入ってすぐに見える大泉水の反対側にありますので、池を半周しないといけません。 大きな木々が鬱蒼と茂る起伏のある山道を、登ったり、下った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の植物園

3月5日は啓蟄でした。 啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃なのだそうです。 今年は三寒四温など忘れたかのようにずっと寒い日があって、いきなり気温が上がりましたね。 今はどんなお花が咲いているのでしょうか。 ちょいと、…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

冬の不忍池

明日は大寒…一年で一番寒い時期ですが、あと二週間もすれば立春となります。 少しずつ、少しずつ、春に向かっていると思うと嬉しいですね。 雪の残る上野の不忍池へ、冬の水鳥を見に行ってきました。 冬枯れの池は何やらさびしい風景ですが、寒い方が好きな鳥たちは本当に元気でした。 すると、…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

こいつぁ、春から縁起がいいわい!

今年のお正月は、例年になく気温の低い日がずっと続いていました。 良く晴れて真っ青な空は気持ちが良いのですが、風は強いし、乾燥しているし…毎日寒いのなんの! えっ? 良く晴れて、風が強くて、乾燥している? だったら、あそこに行くしかないでしょう。 ということで、カメラを持って駆けつけました。文京シビックセン…
トラックバック:0
コメント:68

続きを読むread more

礫川公園

前回の続きです。 文京シビックセンターの展望ラウンジから真下に見えた礫川公園 (れきせんこうえん) に行ってきました。 礫川公園は… かつてこの一帯は軍用地でしたが、戦後、都営住宅・中央大学・戦没者慰霊堂・公園用地に分割されました。昭和39年、東京都が公園を造成し、翌年、区に移管されました。 公園は、高低差を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文京シビックセンターから~。

出先からの帰りに少し回り道をして、文京シビックセンターの展望台へ行ってきました。 文京シビックセンターは… 地下鉄丸ノ内線の後楽園駅を出ると、真上に立っている地下4階、地上27階の大きなビルです。 文京区役所、文京区議会、文京シビックホールなどの区の施設のほかに、展望ラウンジや、レストラン、カフェなどが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川後楽園の紅葉

今年の紅葉は、いつもの年より本当に美しいですね。 水戸黄門でお馴染みの徳川光圀が完成させた庭園、“ 小石川後楽園 ”の紅葉はどうでしょうか。 ちょっと覗いてきました。 門を入った途端に、あっ!と息をのみました。 庭園中央の大泉水の周りは、赤く、黄色く色づいた木々で染まっています。 はやる気持ちを…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

皇居のお濠の秋は…

「秋探し」の第三段は、皇居のお濠へ行ってみました。 皇居外苑から内堀通りを渡ると、お濠の向こうに見えるのが桜田二重櫓(さくらだにじゅうやぐら)です。 桜田櫓(さくらだやぐら)とも巽櫓(たつみやぐら)ともいわれ、江戸城に残る唯一の隅櫓(すみやぐら)で美しい姿をお濠に映しています。 櫓の中には有事に備えて食料や鉄砲・弓…
トラックバック:0
コメント:60

続きを読むread more

旧古河庭園の秋は…

「秋探し」の第二弾です。 今回は、北区の本郷通り沿いにある、旧古河庭園に行ってみました。 旧古河庭園は…   もと明治の元勲、陸奥宗光の邸宅でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子となり、古河家の所有となりました。 その後三代目古河虎之助が現在の建物を建築しました。戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などをとり入…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

秋の小石川植物園

文京区にある小石川植物園へ、秋を探しに行ってきました。 小石川植物園は・・・ 植物学の教育、研究を目的とする東京大学の施設で、正式名称は『東京大学 大学院理学系研究科 附属植物園』と厳めしいのです。 約4,000種の植物が植栽されており、教職員及び学生生徒が利用するほか、一般にも有料公開しています。     …
トラックバック:0
コメント:44

続きを読むread more

涼しい風、感じますか?

毎日暑いですね。 ここは夏の六義園です。 木立を吹き抜ける風は、ほんの少し涼しかったような・・・。   日が落ちた南西の空に、半分の月が光っていました。今日は「上弦の月」だそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不忍池の蓮は咲いたかな?

毎年今頃になると、蓮の花が咲いたかと気になる上野の不忍池(しのばずのいけ)へ行ってみました。 蓮池の蓮はまだつぼみさえ見えませんが、上野動物園のフェンスの中にきれいな蓮が咲いているのが見えました。    早速、入園料を払って行ってみましょう。 池に向かって張り出しているテラスから、広々とした蓮畑が見られます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻のあじさい

かつて幻のあじさいと呼ばれた、「七段花 (シチダンカ)」という花があります。 今から190年ほど前にドイツ人医師のシーボルトが著した「日本植物誌」の中に紹介されていたあじさいです。 それから長い年月、あるのかどうかも分からず、ずっと幻のあじさいと言われていました。 この後、1959年(昭和34年)に神戸の六甲山で発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川後楽園の花菖蒲とカルガモの親子

小石川後楽園の花菖蒲は咲いたでしょうか。 ちょっと覗いてきました。 広い花菖蒲田はまだ満開ではありませんでしたが、色とりどりに咲いてきれいでした。 花菖蒲田を半周したところで、カルガモの親子に出会いました。 小川のほとりにお母さんカモと赤ちゃんカ…
トラックバック:0
コメント:58

続きを読むread more

小石川後楽園の睡蓮

都立小石川後楽園の睡蓮が美しく咲いていると聞き、ちょっと覗いてきました。 小石川後楽園は…  江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる。)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。 庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっており、随…
トラックバック:0
コメント:52

続きを読むread more

都立浮間公園と桜草

先日、ラジオで「都立浮間公園」で桜草祭が開かれていると放送していました。 都立浮間公園は、池袋から電車で北へ15分ほどの「浮間舟渡駅」の真ん前にある公園です。 まだ一度も行ったことがありませんが、それほど遠くないのでちょっと覗いてきましょうか。   {%サクラ(チカチカ)hd…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

清水山憩いの森

桜が咲く頃になると、今ではなかなか見られないカタクリの花も最盛期を迎えます。 東京23区内にカタクリの群生地があるとは聞いていましたが、なかなか行く機会がなくてそのままにしていました。 先日行った植物園で愛らしい姿を見たらどうしても行きたくなって、ネットで調べてついに行ってきました。 清水山憩いの森 昭和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅は咲いたか~♪

毎日寒いですね。 それでも季節は少しずつ進んで、梅の便りも聞かれるようになってきました。 都内の梅はどんなかしら…と、梅の名所、小石川後楽園へ行ってきました。 小石川後楽園は・・・ 江戸時代初期、寛永6年に水戸徳川家の初祖頼房によって作られ、二代藩主光圀が完成させた回遊式築山泉水庭園です。 後楽とは「民衆に…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

不忍池のコサギ

朝の寒さは何処へやら、日中は暖かな日差しがふりそそぐ上野の不忍池の周りをぐるっと歩いてきました。 カモ類やキンクロハジロ、ユリカモメなど、たくさんの鳥たちに交じって、コサギがのんびり日向ぼっこをしていました。 ちょっと失礼して、お姿拝見といきましょうか。 遠くからユリカモメの鳴く声が聞こえてきます。 ベンチで…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

雪の六義園

昨夜は都内にも雪が降りました。 朝、カーテンを開けると朝日がまぶしく差していて、思ったほど積ってはいませんでしたよ。 それでも、人の通らないところは一面真っ白で、その上を歩くとザクザクと気持ちの良い音を立てます。       
トラックバック:0
コメント:54

続きを読むread more

秋の旧芝離宮恩賜庭園

先月、コスモスの花を見に行った浜離宮恩賜庭園の隣に、旧芝離宮恩賜庭園があります。 山手線・浜松町駅のホームから松林が見えるほど近い所にありますので、庭園はそろそろ秋色になったかなぁ~ とちょっと覗いてきました。 旧芝離宮恩賜庭園は・・・ 徳川光圀が完成させた「小石川後楽園」とともに、今東京に残る江戸初期の大名庭園の一…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

鳩山会館の薔薇

秋も深まってきました。 秋咲きの薔薇の美しい頃ですね。 どこか良い所はないかと考えて、お庭の薔薇が美しい鳩山会館に行ってきました。 鳩山会館は… 文京区の音羽の丘に鳩山家の美しい洋館が姿を現したのは、関東大震災の翌年大正13年です。 この洋館を建てたのは自由党(現自由民主党)の初代総裁で、総理大臣と…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

浜離宮恩賜庭園の秋風

浜離宮恩賜庭園のコスモスが咲き始まったと聞きましたので見てきました。 浜離宮恩賜庭園は・・・ この地はもとは将軍家の鷹狩場でしたが、承応年間に四代将軍家綱の弟、松平綱重の別邸となり、その後、綱重の子供の綱豊(家宣)が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。 以来、歴代将軍によ…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

初秋の小石川植物園

毎日暑いですねぇ。 それでも、木陰を吹く風は今までよりずっと爽やかでホッとします。 そんな中、久しぶりに小石川植物園へ行ってきました。 もう、秋の花が咲き始まって、季節の移ろいを感じさせてくれました。 ヤマモモソウ アカバナ科 ガウラ属 別名 ハクチョウソウ( 白蝶草 )  北アメリカ原産の…
トラックバック:0
コメント:46

続きを読むread more

上野動物園のハス

上野の不忍池のハスは咲いたでしょうか。 急に思い立って出先からの帰り道、遠回りをして行ってみました。 不忍池の1/3はフェンスで仕切られていて、上野動物園からしか入ることができません。 去年、フェンスの中のハスの花が見事だったのを思い出して、迷わず動物園を目指しました。 西園へ向かう途中の「いそっ…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

明治神宮御苑の花菖蒲

六月はアジサイや花菖蒲が美しい時ですね。 花菖蒲でよく知られている明治神宮御苑の菖蒲田に行ってきました。 大きな鳥居をくぐり参道に入ると、覆いかぶさるように大木が茂って、涼しい風が吹きわたっていました。 玉砂利をザクザクと踏みしめながら奥へ進みます。 途中でこんな大きなものが…。 明治…
トラックバック:0
コメント:42

続きを読むread more

ちっちゃなタイムトリップ

2~3か月に一度ぐらい通る道があります。 そこは山手線の駅前の大きな通りから一つ外れた道で、マンションが建ち並び、近くの小学校からチャイムの音が聞こえたり、幼稚園の窓から歌声が漏れてきたりする穏やかな街並みになっています。 用事を済ませて家へ帰る時、たまにこの道を通って駅へ向かうと、いつも気になっているところがあります。…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

赤塚植物園で・・・

ブログ友の杏さんやかなたさんが、裏高尾に咲くニリンソウの写真をアップしていらっしゃいました。 この白いお花が見たくてどこかで見られないかと探していましたところ、板橋区の区の花だということが分かりました。 それなら板橋区立赤塚植物園にあるのでは…とホームページを見たところ、ありました、ありました。 そこで、早速行って…
トラックバック:0
コメント:66

続きを読むread more